fc2ブログ

【スウェーデン語】ひとりぼっちのモノローグ【ひとりぼっちの○○生活】



ひとりぼっちの○○生活 OP【ひとりぼっちのモノローグ】のスウェーデン語fandubです。

歌っているのはJo-Maru Dubsさん。


歌詞


De första orden är dem allra viktigaste så
(Jag vill va -, att vi två -, vill gärna-)
Jag vill att du ska bli min vän!

Alarmet det ringer men jag trycker snooze
Det är så himla mysigt här i mitt täcke
Det går ju jättebra
- för mig inne i drömmarnas värld!

I hallen får jag till en underbar U-sväng
Parallella linjer, går fram och tillbaks!
Så nära men långt borta
Du är skimrande på långt avstånd

Låt oss höja upp volymen stegvis
Stänger ute mina svagheter...
(För jag kan -, för jag vill -, för att jag -, kommer att)
Klara alla motgångar
som kastas på mig i min väg!
(Det är så jag börjat känna!)

Trevligt att råkas!
Sången och leendena, maxade
(De vadå? Inte alls - det va' skumt)
Idealen och verkligheten...
Stressa inte,
och försök bara njuta av din tid
(För en dag, så vill jag, att vi två -)
- ska vara vänner du och jag!

Låter som en riktigt fin tanke...
Så kör nu, men helst inte som en monolog!



De första orden är dem allra viktigaste så:一言目が何より大事
Jag vill va -,:わたしね...
att vi två -,:キミと
vill gärna-:これからね...
Jag vill att du ska bli min vän!:友達になりたいの!

Alarmet det ringer men jag trycker snooze:アラーム鳴ってもスヌーズ
Det är så himla mysigt här i mitt täcke:布団の中が気持ちいいの
Det går ju jättebra:上手くいってるよ
för mig inne i drömmarnas värld!:夢の世界のわたしはね!

I hallen får jag till en underbar U-sväng:廊下で華麗なUターン
Parallella linjer, går fram och tillbaks!:行ったり来たりの平行線
Så nära men långt borta:まだまだ近くて遠いな
Du är skimrande på långt avstånd:向こうで輝いてるキミは

Låt oss höja upp volymen stegvis:ちょっとずつボリューム上げてこう
Stänger ute mina svagheter...:弱気にはお別れして
För jag kan -,:やれるんだから
för jag vill -,:決めたんだから
för att jag kommer att:やってみせるもん
Klara alla motgångar som kastas på mig i min väg!:どんな壁だって乗り越えられる!
(Det är så jag börjat känna!):そんな気してきた!

Trevligt att råkas!:よろしくです!
Sången och leendena, maxade:歌と笑顔最大
De vadå?:なんだろ?
Inte alls det va' skumt:全然ヘンじゃないよね
Idealen och verkligheten...:理想と現実はね...
Stressa inte,:焦らないで
och försök bara njuta av din tid:ゆっくりやってみればいいんだ
För en dag,:いつか
så vill jag,:わたしね
att vi två:キミと
ska vara vänner du och jag!:友達同士になりたいから

Låter som en riktigt fin tanke...:本当にステキな考えだけど...
Så kör nu, men helst inte som en monolog!:できればモノローグじゃなくてすぐ行動しようか

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ぼっちの健気さ

今年の春アニメのTBS深夜枠は、川柳~青ちゃん~ぼっちとどう見ても制作者側の何かしらの意図を感じてしまうようなある意味コミュ障三部作とすらいえそうなものでしたけど、この中でも特に重症なのがぼっちと言えるのかもしれないですけど、ぼっちの不器用なんだけどあのとてつもない健気さとぼっちなりに頑張っている姿が多分ですけど、多くの方の共感を呼び込んだのかもしれないですね~♪
この手の作品の元祖と言えそうなのが2013年にもまさかのアニメ化も実現された「私がモテないのは・・」のもこっちだと思うのですけど、
もこっちとぼっちは一見似ているようでもあるのですけど、
ぼっちは素直さ・頑張り度合い・少しずつ友達が増えていくという成長が顕著にみられる点が両作品との大きな違いだと思いますし、
ぼっちはもこっちのように二次元オタクではない所も違いと言えそうですね。
ぼっちの中では、なことポニーテールの少し残念なこのアルも
とても魅力的でお気に入りキャラでした。

スウェーデン語fandubはとってもかわいらしくチャーミングに歌いあげられていますね~
ぼっちの素直さが歌にも反映されているようにも感じられますし、
歌詞も日本語の元の歌詞をかなり高めに尊重されている傾向が感じられ、全く違和感がないです。

欧米ではぼっちみたいな内省的すぎる子というのもいるのかな~とも
ぼっちの心情を欧米の人はどのように見ているのか興味津々ですけど、例えばスヌーピーを見ても、アメリカみたいな過剰にコミュニケーションが強要される国でも、そうした他者との交流が苦手という子も意外と多そう・・という感じもありますので、
日本のこうしたコミュ障関連作品というのは意外と需要があるのかも
しれないですね。

コミュ障女王

>ぬくぬく先生 様

あの深夜のコミュ障娘タイムはいったい何だったのでしょう。編成側も絶対わかってやってましたよね…w
たしかに一番重症だったのはぼっちでしたけど、結果一番友達に恵まれたのもぼっちと言って良いのではないでしょうか。というかそうでもないと残念すぎるあの子…。
コミュ障キャラをメインに据えるとキャラを立たせて且つ視聴者をイライラさせないという絶妙なラインが求められるのですけど、ぼっちはその中間をうまいことくぐりぬけてた感じですねぇ。アニメ的には当然といえば当然ながら中途半端なところで終わってしまったわけですが、大切なもののために健気に頑張る姿は多くの人の心を打ったのだと思います。

このスウェーデン語fandubはかなり日本語歌詞を尊重した内容になっていますね。日本語とまったく異なるスウェーデン語という言語でここまで寄せられるのは面白いですね。
海外でもぼっちみたいなタイプの子はどの程度受け入れられるものなのでしょう。なんとなく海外の学校って日本以上に積極性が求められそうなイメージがあってぼっちみたいな子は生き地獄になりそうです。
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク