fc2ブログ

【ポーランド語】Nieśmiertelne Uczucia【東方アレンジ】

なかよし
ポーランドの東方アレンジグループ"Youkai Paradise"の【Nieśmiertelne Uczucia】です。
Youkai Paradiseさんの再生ページからどうぞ
https://youkaiparadise.bandcamp.com/track/nie-miertelne-uczucia

原曲:月まで届け、不死の煙
Nieśmiertelne Uczucia:不死の思い


A gdybym mogła choć raz dotknąć dłonią księżyca:もし一度でもあの月に手が届くというのなら
Czy moje pragnienia byłyby możliwe ot tak do spełnienia?:私の願いも満たされるのか

A gdybym mogła ot tak zasadzić magiczne ziarno:奇跡の種をこの手で撒くことができたなら
Czy dzięki mej mocy choć raz mogłoby wyrosnąć całkowicie?:その力は私を立派に成長させてくれるのか

Ach, cały ten świat jest dla mnie wielką zagadką:あぁ、世界というのはわからないことだらけだ
Jak moje istnienie, będzie trwało wiecznie,:私という存在と同じように、それは永遠に続いていく
aż do krańca moich snów:夢が終わるその時まで

Zrozumienie wieczności wiąże się z samotnością:永遠を知ること、それは孤独を知るということだ
Jeśli jesteś gotów, chwyć mą dłoń bardzo mocno:準備ができてるならこの手を握り締めていてくれればいい
Czas ucieka, świat nie czeka,:時間は過ぎて行くし、世界は待ってくれない
wypić, wylać:飲んでは注いでの繰り返し
Podejmij decyzję zanim minie ta szalona noc!:狂気の夜が明ける前にその覚悟を決めるんだ

Podążając tą drogą, nie odnajdę mych wspomnień:この道の先に思い出なんてものは見つからない
Me marzenia, me pragnienia,:夢見ること、願うこと
me dyszenia, uwodzenia,:夢中になるもの、憧れるもの
Moje życie i nadzieja,:命、希望
me westchnienia i zlecenia:悲しみ、約束
Wszystko poszło z dymem tego dnia!:あの日、全ては煙となって消え去ったんだ

Ach, cały ten czas, który pozostawiłam ci:あぁ、私がお前から離れていった日々も
Dobiega już końca, w twoim życiu pozostało tylko parę chwil:お前にほんの少しの思い出を託して終わりを迎えようとしているんだな
Życie jest niczym śmierć,:生というのはまるで死のようなものだ
to tylko ulotny fragment:それは儚い一欠片に過ぎないのだから
Lecz ja będę trwać wiecznie,:だけど私は永遠に終わらない
dotykając dłonią bladej tarczy księżyca:あの青ざめた月にこの手で触れてみせるさ

Cały mój gniew i nienawiść, którą ukrywam:隠し続けてきた怒りと憎しみ
Już pora wyzwolić te uczucia, które chowam już od tylu lat!:長年連れ添ったそんな感情を解き放つ時がとうとう来た

Nieskończona noc rozpoczęła tę trudną próbę:終わることのないその夜は難題を突き付けてくるのだった
Jeśli mnie pokonasz, okażę ci swój szacunek:「もしあなたが私を倒せたら、尊敬してあげてもいいわ」
Moja radość,:喜び
smutek,:悲しみ
żałość,:絶望
moja próba,:苦難
moja dusza:そしてこの魂
Dalej, rozstrzygnijmy to pod tym niebem!:この空の下で全てに決着をつけようじゃないか

Podążając tą drogą, nie odnajdę mych wspomnień:その道の先に思い出なんてものは見つからない
Me marzenia, me pragnienia,:夢見ること、願うこと
me dyszenia, uwodzenia,:夢中になるもの、憧れるもの
Moje życie i nadzieja,:命、希望
me westchnienia i zlecenia:悲しみ、約束
Wszystko poszło z dymem tego dnia!:あの日、全ては煙となって消え去ったんだ

Ach to małe ziarno, zasadzone tamtego dnia:あぁ、あの日植えた小さな種も
Wyrosło całkowicie, jego lekkie pąki ukazały piękny kwiat:すっかり育って綺麗な花の蕾をつけてるじゃないか

Jeśli me uczucia dosięgną cię pewnego dnia:この思いがお前の元へと届くのなら
Czy wtedy odejdę, rozproszę się na wietrze jak ten marny proch?:私も悲しみの塵になって風の中に散るのかな

A gdyby móc tak zapomnieć czyjeś grzeszki:そしてもし人の罪を忘れられるのなら
Czy pozbędę się smutku, jaki doświadczyłam tego pochmurnego dnia?:あの曇り空の下で知った悲しみを私は拭い去れるのかな

Wciąż nie mogę pojąć sensu tego wszechświata:この宇宙が秘める意味を私はまだ知らないけれど
Dotknę dłonią księżyca:あの月に触れてみせるさ
i rozpalę uczucia błądzące wewnątrz mnie:そして私の中を彷徨う思いを燃やしてやろうじゃないか

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

不老不死は退屈・・??

「月まで届け、不死の煙」は妹紅の大人気楽曲ですよね~!

輝夜は帝に不死の薬を残して去ったものの、帝は輝夜がいなくては不死になっても仕方がないとして、最も天に近い山の頂上でそれを燃やすように調岩笠に命じたというのが背景になっていて、
その際に妹紅が一時の激高の感情により、その不老不死の薬を奪取して飲み干したというのが経緯にもなっているのですけど、
瞬間的な感情だけに支配されると、その後の数百年も後悔の想いと
「生き続けると言う事は退屈な事」という気持ちに押しつぶされそうになるという事なのかもしれないですし、人間と言うものは、やはり普通に生きて普通に年を取りやがて朽ち果てるというのが案外幸せな事といえるのかもしれないです。
生き続けると言う事は、過去の自分のマイナスの感情を未来永劫背負い続けることになってしまう訳でもありますので、決して羨ましい話であるとか始皇帝が求め続けるだけの価値があるものとはあまり感じられないというのも皮肉なものがあるのかもしれないです。

輝夜と妹紅の過去から現在に至るバトルの連続は、退屈しのぎなのかもしれないですし、毎晩毎晩派手な殺し合いでもしないと「退屈で生きている気がしない」というのも皮肉なものでもありますし、同時に少し気の毒な感じでもあったりしますけど、もっと気の毒なのはそれに毎回付き合わされるうどんげちゃんと慧音先生なのかもしれないですね。
うどんげちゃんの公式でのまさかの妹紅に対する和解勧告は、
「時の流れによる解決でもそろそろいいんじゃない・・?」という事でもありそうですし、うどんげちゃん自体もさすがにそろそろ面倒くさくなったという事なのかもしれないですね。

そうそう、第15回東方人気投票の結果が発表されましたけど、
妖夢がこいしちゃんも撃破し3位に入っていたのは、最近の妖夢人気を物語っていますし、輝夜が38位→35位と順位が上がったのも有終の美を飾れてよかったと思います!
そして・・レミリア様がフランちゃんの順位を上回っていた結果は
少し驚きましたし、さとり様とアリスの10位キープもよかったです!
ゆかりんと早苗さんのランクアップも私にとっては嬉しい結果で終われてよかったです!

終わらない退屈

>ぬくぬく先生 様

「いつでもその気になれば外へ出ることができるからこそ四畳半に籠城できたのである」ということを部屋に閉じ込められたとある四畳半主義者が言っていましたがいつでも抜け出せる環境があるからこそ人はその状況を楽しめるわけですよね。
私は死んだ経験がありませんがよく言われる「死があるからこそ生を楽しめる」の理屈には全力で肯定したいです。妹紅や輝夜は理解者がいますからまだいいですけど決してたのしいことではないでしょうし、ひと時の感情に身を任せて抜け道を自ら断つというのもはやはり愚かなことなのだと思います。
例の二人は超長生きした死なない者同士バトルでもしていないとそりゃあ退屈でやってられないという感じなのかもしれませんね。お互いがお互いを退屈しのぎの相手と見るようになるのはある意味仲良しと言えそうですw
ただそれに付き合わされる身となるとたまったものではないのでしょうね。うどんげちゃんとしても付き合わされるのは嫌だけど輝夜には言えないからその喧嘩相手に和解を提案したというところでしょうか。そんな展開学園ドラマの喧嘩でありますね…。

人気投票では輝夜がちょこっとランクアップしていましたね。まぁこれまでの結果から見てトップ10入りとかは期待していませんでしたけどもう少しドンッと上がってくれてもよかったかなと思います。せめてもっと妹紅に近づけるくらいは…。
主人公二人は安定として妖夢もかなり頑張ってましたね!
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク