fc2ブログ

【ポーランド語】Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.【ドリフターズ】



ドリフターズ OP【Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver.】のポーランド語fandubです。

歌っているのはPatrykさん。


Daj mi to uczucie,:その感覚を教えてくれよ
silnik wciąż pogania mnie:モーターがまたまた俺を駆り立てるんだ
Mroczna ewangelia, ja wraz z nią do przodu mknę,:ノれねぇ福音吹かしながら俺は進むのさ
(śpiewam!):さぁ歌うぜ

NA NA NA NA NA NA - NA NA NA NA NA
NA NA NA NA NA NA - NA NA NA NA NA

Naprzód,:どんどん先へ
kręcę i przyśpieszam,:ぶん回しただけ加速してく
więcej presji już nie mogę znieść,:やべぇほどのパワーだが
ale wciąż jak huragan mknę!:俺は今ハリケーンみたいにぶっ飛んでるぜ
Miłość tę,:愛してんだ
gonić chcę,:走りてぇんだ
niczym huragan ten!:ハリケーンみたいにさ

Złap mnie gdy przyspieszam, :スピード違反だっていうなら捕まえてみろ
za horyzont udam się:あの地平線の先まで突っ走るからな
Nie napinaj mięśni,:カタくなるんじゃねぇよ
nie dam złapać się,:そんなんじゃ俺は捕まんねぇぞ
o nie,:おっとイケねぇ
(wszyscy razem!):テメェらもだ

NA NA NA NA NA NA - NA NA NA NA NA
NA NA NA NA NA NA - NA NA NA NA NA

Naprzód,:どんどん先へ
kręcę i przyśpieszam,:ぶん回しただけ加速してく
więcej presji już nie mogę znieść,:やべぇほどのパワーだが
ale wciąż jak huragan mknę!:俺は今ハリケーンみたいにぶっ飛んでるぜ
Miłość tę,:愛してんだ
gonić chcę,:走りてぇんだ
niczym huragan ten!:ハリケーンみたいにさ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

同じスラヴ系でも・・

日本人の視点で見てしまうと旧ソ連と衛星諸国の東欧の文化は似たようなものと思いがちですけど、
ご指摘の通り、ロシア正教系とカトリック系では言語もそうですし文字自体が異なっているから、
自ずから文化の違いが生じそうですし、宗教の違いが何かと
影響するものなのかもしれないですね。
話はそれますけど、腐敗したカトリックに対する改革要求というのが
ルター等の宗教改革なのですけど、
結果的にカトリックもプロテスタントもその後の歴史の中で相変わらずの腐敗と戦争の歴史を繰り返していますし、
「結局、人を救うはずの宗教って所詮は国家統治・人民支配のための道具に過ぎない」という事なのかもしれないですし、
人の心の救済というのは各自一人一人の心の持ちようなのかも
しれないですね。
腐敗していた頃のカトリックで当時最も批判されていたのが
「免罪符」なのですけど、
「免罪符を購入すればキリストの聖母・マリアをいたずらしてもその罪が赦免される」なんて昔も今も
「所詮は世の中金なのか~」とすら感じてしまいそうですけど、
東方の世界だったら、霊夢が金儲けの手段として神社が発行する免罪符を売り出してしまいそうですね・・(汗)

ポーランドの宗教はカトリック系と言う事でラテン文字系・・

この楽曲もスピード感に溢れとてもシャウトでダイナミックスな雰囲気ですけど、それでもロシア語の楽曲が時に感じさせる野蛮さに比べると少し洗練されているようにも聴こえるのは
そうした文字の関連性も多少はあるのかもしれないですね。

大昔から変わらない

>ぬくぬく先生 様

言語を伝えるのは宗教であり、宗教を伝えるのは言語であるというように人類はこの二つをほぼワンセットで扱ってきました。文字の分布と宗教の分布って一致している部分が多くて、布教の上で言語を記せることの意味がどれほど大きかったかわかりますね。

宗教が人を動かせるということは喧嘩にも使えるしお金にもなるわけでして、そりゃあ目をつけられないわけがないですね。
実態の掴めない領域に人は恐怖を覚えますから生とか死とかに絡む宗教は実際人民支配という点においても都合がよかったのかもしれません。と、まぁそれくらいならまだ戦略という感じですけど、免罪符を買って天国に行こうとなると急に生臭さが漂いますね。
カネと宗教を結び付けるとかそれこそ冒涜だろと誰かが言っていた気がしますが悲しいことに免罪符販売みたいな宗教ビジネスは今もその辺でやってるんですよねぇ…。
霊夢が喜んで飛びつきそうですw

このfandubはロックな曲ですけど歌い手さんが普通に上手いのもあってロシア語であるような荒っぽさみたいなのはあまり感じませんね。
ポーランド語というと子音が複雑な印象があるのですがそれでも見慣れたラテン文字での表記だと気持ち的に安心するところがありますw
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク