FC2ブログ

【ロシア語】永月夜【東方アレンジ】



東方アレンジ 【永月夜】のロシア語fandubです。

歌っているのはMelody Noteさん。
原曲の文体に合わせるの大変なのでいつも通りいきます。


歌詞+ラテン文字化


Прикуси-ка язычок, мой милый друг,
Prikusi-ka yazychok, moy milyy drug,
Лунный гриб мы отведаем сейчас.
Lunnyy grib my otvedayem seychas.
Не изволишь ли сыграть в одну игру?
Ne izvolish' li sygrat' v odnu igru?
Ночь уже началась...
Noch' uzhe nachalas'...

Бежишь, бежишь без оглядки,
Bezhish', bezhish' bez oglyadki,
Конца бамбуковой роще нет!
Kontsa bambukovoy roshche net!
Все так похоже на прятки,
Vse tak pokhozhe na pryatki,
Во тьме я чётко твой вижу след.

Vo t'me ya chotko tvoy vizhu sled.
Косы туже заплети, мой милый друг,
Kosy tuzhe zapleti, moy milyy drug,
Я вершу казни именем твоим.
YA vershu kazni imenem tvoim.
Тёмной ночью тайны двери отопру
Tomnoy noch'yu tayny dveri otopru
Смело нам двоим я!
Smelo nam dvoim ya!

А-ах, сердца стук не унять,
A-akh, serdtsa stuk ne unyat',
Ведь к тебе устремляется оно опять.
Ved' k tebe ustremlyayetsya ono opyat'.
Оседлаю ветра поток,
Osedlayu vetra potok,
Чтобы он за собой меня увлёк!
Chtoby on za soboy menya uvlok!

Изнемогаю от жажды,
Iznemogayu ot zhazhdy,
Ничем унять не могу её!
Nichem unyat' ne mogu yeyo!
Войдя в ту рощу однажды,
Voydya v tu roshchu odnazhdy,
Пути обратно мы не найдём.
Puti obratno my ne naydom.

Не стоишь ты на ногах, мои милый друг?
Ne stoish' ty na nogakh, moi milyy drug?
Лунный гриб мы отведаем с тобой.
Lunnyy grib my otvedayem s toboy.
Насладиться дай теплом знакомых рук
Nasladit'sya day teplom znakomykh ruk
В ночи мраке густом.
V nochi mrake gustom.

А-ах, вечность так скучна...
A-akh, vechnost' tak skuchna...
Это тело презренное не знает сна.
Eto telo prezrennoye ne znayet sna.
Верный спутник нужен мне был,
Vernyy sputnik nuzhen mne byl,
Что со мною бы участь разделил .
Chto so mnoyu by uchast' razdelil.

Прикуси-ка язычок, мои милый друг,
Prikusi-ka yazychok, moi milyy drug,
Лунный гриб мы отведаем с тобой.
Lunnyy grib my otvedayem s toboy.
Не изволишь ли сыграть в одну игру
Ne izvolish' li sygrat' v odnu igru
В ночи мраке густом?
V nochi mrake gustom?

А-ах, сердца стук не унять,
A-akh, serdtsa stuk ne unyat',
Ведь к тебе устремляется оно опять.
Ved' k tebe ustremlyayetsya ono opyat'.
Оседлаю ветра поток,
Osedlayu vetra potok,
Чтобы он за собой меня увлёк!
Chtoby on za soboy menya uvlok!

А-ах, вечность так скучна...
A-akh, vechnost' tak skuchna...
Это тело презренное не знает сна.
Eto telo prezrennoye ne znayet sna.
Верный спутник нужен мне был,
Vernyy sputnik nuzhen mne byl,
Что со мною бы участь разделил .
Chto so mnoyu by uchast' razdelil.



Прикуси-ка язычок, мой милый друг,:その舌を噛んでみなさいな
Лунный гриб мы отведаем сейчас.:今夜味わうのは月夜茸
Не изволишь ли сыграть в одну игру?:ひとつ遊んではみない?
Ночь уже началась...:夜はもう始まっているのだから

Бежишь, бежишь без оглядки,:振り向きもせず走り続けても
Конца бамбуковой роще нет!:そこに竹林の果てはなくて
Все так похоже на прятки,:それはまるでかくれんぼ
Во тьме я чётко твой вижу след.:闇の中の足跡がこの目にはっきりと見える

Косы туже заплети, мой милый друг:ねぇ、髪を編んでみなさいな
Я вершу казни именем твоим.:私が手を下すのはあなたの名の為
Тёмной ночью тайны двери отопру:闇夜の神秘の扉を開いてみましょうか
Смело нам двоим я!:恐れを知らない私たち二人でね

А-ах, сердца стук не унять,:あぁ、逸るこの心は
Ведь к тебе устремляется оно опять.:再びあなたの元へと急ぐばかり
Оседлаю ветра поток, чтобы он за собой меня увлёк!:共に連れて行ってくれたらと吹き抜ける風に身を預けてみた

Изнемогаю от жажды,:この身が渇きに喘ごうと
Ничем унять не могу её!:私にはそれを止められない
Войдя в ту рощу однажды,:ひとたびその竹の林へ足を踏み入れれば
Пути обратно мы не найдём.:もうそこに引き返す道はない

Не стоишь ты на ногах, мои милый друг?:ねぇ、あなたはまだ自分の足で立てている?
Лунный гриб мы отведаем с тобой.:一緒に味わった月夜茸
Насладиться дай теплом знакомых рук:懐かしいその手の温もりに浸ってみましょうか
В ночи мраке густом.:深まる夜の闇の中でね

А-ах, вечность так скучна...:あぁ、永遠というのは退屈なものね...
Это тело презренное не знает сна.:忌々しいこの肉体は眠ることさえ知らないの
Верный спутник нужен мне был,:私は求めているのよ
Что со мною бы участь разделил.:私と運命を分かち合える、そんな道連れをね

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

死ぬことすらも許されない二人・・

輝夜ともこちゃんという蓬莱の薬を飲んでしまった組ですね!

考えてみるとこの二人の「死に対する考え方」というものは一体どうなんでしょ・・?
もこちゃんは「永遠に生きることはロクな事ではない」とか
「今はあの薬を飲んだことを後悔している」とはっきり公式でも言及しているのですけど、
輝夜に関しては、そうした後悔という話もほとんど出てきませんし、輝夜自体、最近の東方作品における妹紅とうどんげちゃんの大活躍がありながらも輝夜は相変わらずひきこもり状態の箱入娘状態になっている事もあり、輝夜自身の死生観という話はほとんど出てこないのは勿体ない感じもありますね。

輝夜自体、もしかしたら月の世界にいる事自体が退屈以外の何者でも無くて、生きる上での何か刺激が求められるのならば
たとえその退屈な生が永遠に続いたとしても、月にいるよりは流刑となって地上にいた方がまだまし・・と考えていたのかもしれないですね。
高貴なお姫様は「何を考えているのかよく分からない」という感じなのかもしれないですけど、それがまた輝夜のすてきな魅力なのかもしれないですね。
最近の東方作品のうどんげちゃんのあのとてつもない大活躍を見せつけられてしまうと、輝夜としても「私だってあんな兎には負けたくない・・」と思ったりはしないものなのかな・・??
今後の東方作品での輝夜の活躍もそろそろ見たくなってしまいそうですね~

月夜茸という飲むと幻覚作用をもたらす毒キノコを味わった二人が
どんな感じになりそうなのか興味津々ですね。

今回の詩は比較的原詩に近いものがありそうな感じでもありましたので、訳詩をされる方としては「多少はありがたい・・」というものが
あるのかもしれないですね。最近出てきたヒンディー語の現地の詩はかなりむちゃくちゃなものがあった事を考えると、多少でも元の原詩の尊重があると助かると言えるのかもしれないですね。
ロシア語の言葉の響きの重さがこの作品にマッチしていると感じたものです。

永遠ということ

>ぬくぬく先生 様

久々の海外オリジナルでない東方fandubですね。輝夜のテーマの「竹取飛翔 ~ Lunatic Princess」のアレンジということでちょっとご機嫌な感じで書いてました。
いろんな人の創作を見てると不死の悲しみを語るのは輝夜よりも妹紅の役目という感じがしますけど、輝夜も決して薬を飲んだことを全然後悔していないわけではないのかも。ただ不死に無縁な私たちには彼女たちの気持ちは想像もつかないところもあるはずですけどあの姫様はキャラ的に長寿の風格と好奇心で退屈も娯楽みたいに考えてそうです。
呑気で感覚のズレたいいとこのお嬢様が庶民と入れ替わって遊びに出るなんて話もよくありますしキャラクターのバックストーリーとしては薬を飲んだのも退屈しのぎにというのは結構しっくりくる気がします。
実際彼女の心の中にはどんな思いが渦巻いているのかZUNさんに聞いてみたいとこですね。
あとうどんげちゃんは最近の作品にも顔を出しているのに姫様ときたら…。姫様が自機になったらまた東方やろうかな…。

今回は原曲歌詞ベースのロシア語化なので安心しました。
でももともとの歌詞が難解なのでたぶんロシア語の方の作詞者さんもどうロシア語化していいかわからなかったであろう箇所がいくつか…w
ロシア語の響きは激しめメロディに合っていてすごく格好いいと思います!
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。
管理人twitterはこちら
淫夢要素はありません。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク