【フランス語】A l'oree du bois【東方アレンジ】



同人サークル"Crest"の【A l'oree du bois】です。
原曲:お宇佐さまの素い幡

a l'oree du bois:森のはずれにて


歌詞


A la tombée de la nuit à l'orée
du bois je suis tombée sur toi, cachée
Sous les feuilles fauves d'automne,
fourrure végétale mignonne
Qui de nous deux perdue dans la forêt
bleue je ne le savais pas encore
Mon regard cherchait au loin
ce qui se trouvait dans ta main

De la nourriture pour l'âme et le lendemain,
le délice d'un rêve sans fin
Amusée par ma muse déguisée en gracile animal
Mais bientôt les ombres viennent,
et la nuit chiromancienne
Me prédit ta disparition soudaine

Profitons du moment et laissons
le temps s'échapper sagement, chassé
Par les doux chuchotements d'un vent léger,
complice de l'instant

Dans la forêt profonde les couleurs se fondent
en un bleu silencieux, précieux
Dans l'obscurité totale, tu me guides sans escale
Vers ton refuge perdu,
secret défendu comme un miraculeux trésor
Si loin de mes habitudes, sous une autre latitude

Je te laisse m'apprivoiser sans inquiétude,
balayer ma solitude
M'embraser dans cette bulle camouflée
sous d'épais feuillages
Mais bientôt les ombres viennent,
et la nuit chiromancienne
Me prédit ta disparition soudaine

Profitons du moment et laissons
le temps s'échapper sagement, chassé
Par les doux chuchotements d'un vent léger,
complice de l'instant

De la nourriture pour l'âme et le lendemain,
le délice d'un rêve sans fin
Amusée par ma muse déguisée en gracile animal
Mais bientôt les ombres viennent,
et la nuit chiromancienne
Me prédit ta disparition soudaine

Les premiers rayons du jour à l'orée du bois me
réveillent sans toi, pourtant
C'est bien le cœur léger que je rentre chez moi,
cette fois



A la tombée de la nuit à l'orée du bois:夕暮れの森の外れで
je suis tombée sur toi, cachée:隠れる君に出会った
Sous les feuilles fauves d'automne,:褐色に色付いた秋の木の葉の下
fourrure végétale mignonne:可愛い本物の毛皮
Qui de nous deux perdue dans la forêt bleue je ne le savais pas encore:この青く染まっていく森で自分が道に迷っていることも知らずに
Mon regard cherchait au loin ce qui se trouvait dans ta main:私の視線は遠くの君の手にあるそれを追っていた

De la nourriture pour l'âme et le lendemain, le délice d'un rêve sans fin::明日の希望と気持ちの支えとそして覚めない夢の喜び
Amusée par ma muse déguisée en gracile animal:彼女は小さな獣の姿に化けて私を楽しませてくれた
Mais bientôt les ombres viennent, et la nuit chiromancienne:けれどもこの夜にもしだいに影が姿を現し
Me prédit ta disparition soudaine:君が突然いなくなってしまうのではと私に告げた

Profitons du moment :この瞬間を楽しもう
et laissons le temps s'échapper sagement, chassé:刻一刻と過ぎていく時間を追いかけながら
Par les doux chuchotements d'un vent léger, complice de l'instant:そよ風の優しい囁きがこの時を楽しく彩ってくれる

Dans la forêt profonde les couleurs se fondent en un bleu silencieux, précieux:色が青に溶け込んでいくような森の奥深く
Dans l'obscurité totale, 完全な暗闇の中を
tu me guides sans escale:君は止まることなく私を導いて行く
Vers ton refuge perdu, secret défendu comme un miraculeux trésor:神秘の宝物のように守り続けてきた隠れ家へと
Si loin de mes habitudes, sous une autre latitude:それは私の日常からかけ離れた別世界

Je te laisse m'apprivoiser sans inquiétude, balayer ma solitude:何の心配もなく私はただ君に身を任せていると
M'embraser dans cette bulle camouflée sous d'épais feuillages:木々の生い茂る幻想の地へ私を招き入れた
Mais bientôt les ombres viennent,et la nuit chiromancienne
Me prédit ta disparition soudaine

Les premiers rayons du jour à l'orée du bois:森の外れに差し込む朝日が
me réveillent sans toi, pourtant:私を目覚めさせるともう君の姿はなかったけれど
C'est bien le cœur léger que je rentre chez moi, cette fois:それは確かに家路へ向かう晴れやかな心だった

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

てゐは一体何歳・・??

東方ではよく「五大老」とか「五婆」とか言われて、
ゆかりん・永琳・八坂神奈子・白蓮さん・ゆゆ様がお年寄り扱い
される事が多いみたいですけど(汗・・!)
皆さん多少御年は召されていても(汗・・)
見た目は少女そのものとお若いですからね!

そんな中、実はてゐもかなりのご高齢キャラだと思いますし、
少なくとも八坂神奈子・白蓮さんよりは設定の上では年が上というのは確定されていますので、
とてつもないご長寿妖怪兎と言えるのは間違いないのかも
しれないですね。
だけどそれでいて東方屈指のロリキャラでもありますし、うどんげちゃんに対する日頃のいたずらっぶりとか
とにかく「若い!」という印象しかないです!

だけど公式の上では、あのチルノが妖怪化する前の因幡の白兎の頃のてゐを知っていたという事は
チルノも意外とご長寿キャラなのかも・・??

この歌ですけど、このアンニュイな雰囲気は
まさにフランスのシャンソンですね!
すこしけだるそうな感じがフランス語と大変合っていると
思いますし、多分ですけどこの曲をアジア系の原語で歌われたと仮定したら少し違和感もあるかもですので、フランス語で歌われれているというのは大正解のような気もしますね!

長生きしてるのに

>ぬくぬく先生 様

あの世界の方々は見た目と実年齢が一致しないお方ばかりでもてゐの見た目と年齢の乖離はその中でもトップクラスですね。長生きした動物は神秘的な雰囲気を漂わせ始めると言いますが、彼女がそんな感がしないのは見た目が幼女すぎるせいでしょうかw
いたずら好きでお調子者っていうのもあまり年長者って感じがしませんね。「五大老」の皆様はその佇まいからもただならぬ雰囲気がバシバシ感じられるようだというのにw
そしてチルノが長寿というのもなんだか似合わない話な気がします。長生きしてあの子供っぽい性格ということですかね…。

この曲はとある夜の不思議な物語という感じでしょうか。決して重くなくゆったり語って聞かせてるの近いような感じがすごくフランス語と合っていますよね。
この軽い感じは中国語とかでは出せないのかもしれませんね。

せつないシャンソンですね

このフランス語版は初めて耳にしましたけど、
このせつなくて儚くて淡いような感覚が素敵ですね。
聴くほどにうっとりとさせられるものがあると思います。

東方作品の音楽をこんなに素敵にアレンジすることもできるとは
驚きですね。
それとこうしたフランス語の歌詞を日本語の美しさと韻を踏んだような
テンポ感をもって訳されている管理人様の努力も
素晴らしいと思います。

サークルさんのセンスに感動

>jyanya 様

このフランス語アレンジは今までになかったタイプのしっとりボーカルですね。一夜限りのちょっとしたお話のような内容と相まって、絵本でも読んで聞かせてもらっているような不思議な感じになりますw
本当にうっとりしてしまうような雰囲気ですよね。
日本の外国語ボーカル勢は言語の響きに合ったアレンジを作るのがすごく上手いと思います。

訳詞を褒めて頂けるなんて!嬉しいです!
東方アレンジは歌詞の世界観の大部分がサークルさんのセンスに左右されるのでそれを汲み取るのが結構大変なのですが、こうして褒めて頂けるとどんどん挑戦したくなりますw
私自身の翻訳スキルが全然ないうえに、けっこう悩みに悩んで無理矢理絞り出したような部分が多いのでもっと上手くできるようになりたいですねぇ…。
今後ともどうか当ブログをよろしくお願いいたします!
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。
管理人twitterはこちら
淫夢要素はありません。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク