【ノルウェー語】扉をあけて【カードキャプターさくら】



カードキャプターさくらOP【扉をあけて】のノルウェー語fandubです。

歌っているのはDragonlover91さん。


Drømmer jeg:Dreaming
drømmer jeg
Så vil nok mulighetenes dør åpne seg:そして可能性の扉を開けよう

Skyene drar avsted,:雲が去って行く
sakte over himmelen:ゆっくりと、空を横切って
Jeg strekker henede i været og flytter på dem:空へ向かってまっすぐ歩き出す
Det føles som om jeg kan ri på vinden:そうすると風にも乗れるような気がする
Ri helt opp til månen:月まで届くくらいに

Og jeg skal ri til deg,:そしてあなたの元まで行く
ri til deg, ri til deg
Om bare et mirakel kommer min vei:奇跡が私に訪れるというなら
Og gir meg vinger,:私に翼を与えて
meg vinger, meg vinger
Slik at jeg kan fly til deg:そうすればあなたの元へ飛んで行ける

Og da kan vi to møtes,:そして私たち二人は出会う
vi to møtes
Endelig møtes så alt igjen kan bli okei:いつか会えるから、きっと全て大丈夫

D-D-D Drømmer jeg, Drømmer jeg
Så vil nok mulighetenes dør åpne seg.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

北欧言語

「カードキャプターさくら」・・これまた懐かしい作品ですけど、
最近この作品は新作も出たりと改めて注目されているのかも
しれないですね。

北欧言語ってノルウェー・フィンランドも含めて
例えばノルウェーのグリーグが残した劇作品「ペール・ギュント」が示唆しているようになんとなく鼻に詰まったようなモゴモゴとした雰囲気の言葉という印象があるのですけど、
こういう勢いのあるアニソンを聞くと
「やっぱり違うね・・」と感じてしまう程、言葉自体に切れがあるような
感じもします。
この言葉の感覚は、以前アップされていたポーランド語の感覚に
近いものがあるのかも・・・??

みんな大好きゲルマン語派!

>ぬくぬく先生 様

さくらもそうですが最近は地味に90年代くらいの女の子向けアニメの再ブームがきてるみたいですね。
当時ハマるにハマれなかった男児なのでこれは嬉しい流れですw

ノルウェー語には口を小さくすぼめる母音がいくつかあるので、もしかしたら普通の会話なんかだとその辺が詰まった様に聴こえたりしするのかもしれません。ただやっぱりそこはドイツ語や英語と同じゲルマン語派の血筋でしょうか、本当にこのノリの良い曲に合わせて歌った時の言葉のリズムなんかは心地良いモノがありますね。
おかげでアニソンで聴くにもこの北ゲルマンの言語は「これなら絶対変な聴き心地にはならないでしょ」みたいな安心感を持ってネタ探しできたりしますw
たしかにポーランド語も普通に聴いていると複雑な濁音が連なってる感じが印象的ですが、アニソンに乗せると急にキレが増すような感じがしますね。
プロフィール

schwert

Author:schwert
ご来訪いただきありがとうございます。
言語が違うだけで曲の雰囲気も変わる外国語アニソンの面白さを伝えていくことが当ブログの目標です。

当ブログは毎週日曜朝8:30から放送のプリキュアシリーズを応援しています。
管理人twitterはこちら
淫夢要素はありません。

歌詞の日本語化には以下のサイトを共通して使用しています。
Google翻訳
Glosbe 
Reverso Context 
dict.com
これら以外に各言語に個別対応した辞書サイトも利用します。
ただし素人が訳すものなので「大体こんな内容なのか」程度の訳だと思っていてください。

言語
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク